グルメ 優待食堂

【優待食堂】ポテトがない!ならばパイを売ればいい・マクドナルド(2702)

年末にポテト不足でSサイズのみの販売で対応していましたが、年明け再度Sサイズのみの販売を行いました。しかも今回は1ヶ月に及ぶので、経営的には結構な打撃になります。しかしそこはマクドナルド、急遽3商品を投入してきました。

22年1月の商品
チョコパイが裏返っている😅

今回投入された期間限商品「ベルギーショコラパイ」「カナディアンメープルカスタードパイ」「スパイシーチキンナゲット」です。
そもそもマクドナルドのビジネスモデルの強みは「1日の需要の平準化」にあります。ポテトはハンバーガーのサイドメニューの認識が強いですが、13時〜17時あたりの軽食で、コーヒーとポテトといった需要があると思われます。ポテトがSサイズのみとなると、ここに収益の空白地ができてしまい、業績が悪化します。今回はそこに代替品を投入した感じになります。

スパイシーチキン
味が結構強いですね😲

まずはスパイシーチキンナゲット。結構味が強いですね。ハンバーガーのサイドメニューというよりかは、小腹を満たすためにこれ単品とコーヒーで十分なレベルですね。しかもソースの味もマクドナルドとしては珍しく「にんにく醤油マヨソース」「燻製風チーズソース」と大人向けです。
ターゲットとしてはハンバーガーのセットの追加と高校生〜男性サラリーマン向けといったところでしょうか。

カナディアンメープルカスタードパイ
名前からして甘そう🤤

商品の中身が「メープル」と「カスタード」です。基本的にはコストの安い材料で大量生産向けですね。ポテトの強みは利益率の高さにもあるので、それに合わせてきた感じですね。

メープルパイ中身
中身もぎっしりですね😲

8割以上がカスタードですね。これが美味しいのですが、かなりヘビーな重さでした😅これもあとコヒーがあれば十分ですね。
ターゲットとしては、女性向けのようです。

ベルギーショコラパイ
チョコパイではなくショコラパイ🤔

最後に「ベルギーショコラパイ」です。チョコではなくショコラです。こちらは子供向けを想定した商品のようですね。

ベルギーショコラパイ中身
チョコがぎっしり😲

こちらも中身ぎっしりですね。これも美味しいのですが1個で十分な量です。あとはコーヒーがあれば十分ですね。

ここでマクドナルドのポテトの強みを列挙してみます。
*利益率が高い
*店舗での大量生産が可能
*全年齢層に人気がある
*どの時間帯でも売れる
こう考えるとマクドナルドのポテトがいかに商品として優れているかがわかります。今回ポテトの空いた穴を3商品で8割方埋めることができたといったところでしょうか。

マクドナルドはマーケティングで言えば世界のトップクラスの会社です。おそらく年末の1週間のSポテトのみの販売で曜日と時間帯売り上げのデータを取り、今回本格的な制限をかけるまでの間に代替品を用意する。企業としては素晴らしい行動力だと思います。コロナ禍でもそうでしたが、マクドナルドという会社は、非常事態に対して臨機応変に即座に打ち手を打つ経営陣は素晴らしいと思います。さすがは長期投資向きな会社ですね😆

-グルメ, 優待食堂
-, , , ,